不動産取得税とは

不動産取得税は、不動産(土地・家屋)の取得に対してかかる都道府県税です。不動産を取得した人が、その不動産の所在する都道府県に1度だけ納める税金です。


・不動産の取得とは

登記の有無、または有償・無償にかかわらず、現実に不動産の所有権を取得することをいいます。取得の原因は、売買、交換、贈与、寄付、現物出資、競落、新築、増築、改築の別を問わず、全てが課税対象となります。

不動産取得税には免税点や軽減措置などがあり、状況によっては非課税となるケースもあります。

不動産取得税は都道府県税であるため、手続きや制度は都道府県によって異なる場合があります。詳しくは各都道府県税事務所へお問い合わせください。