納める人

不動産取得税を納める人は、不動産(土地・家屋)を売買、交換、贈与、建築(新築・増築・改築)などにより取得した人です。

これは、所有権の移転登記を行っていない場合も課税されます。

なお、相続や法人の合併または一定の要件を満たす法人の分割により取得したときは課税されません。